アートと向きあう


アートメイクは、皮膚に傷を付けて色素を入れていきます。ハリで施術を行って行くために少々痛いと感じるでしょう。しかしみなさんが楽をして美しくなるための方法なのです。この程度の少々の痛みなどしっかり乗り越えて行きましょう。 アートメイクと刺青は違うものですが、刺青との共通点もあり、アートメイクは刺青のようにどこでも入れることが出来ます。

刺青が芸術性を重視したファッションや自己表現の一種という考えであるなら、やっぱりアートメイクは、もっと女性たちが普段遭遇する化粧の方法に他ならないのです。今後もっとアートメイクという方法はみなさんにとって敷居の低いものになって行くことでしょう。

そして、今、女性の人たちに求められているアートメイクは、眉とアイラインです。アートメイクは皮膚の比較的浅い層に薄く色素をいれるという方法を採っているため、1回の施術では色が定着しないこともあって、2~3回施術を繰り返して色を定着させる場合もあります。そして実際に、2~3年の経過でかなり薄くなるというのもアートメイクのメリットとして考えることが出来、だから様変わり出来る化粧の要素のひとつとしても考えることが出来ます。

そろそろみなさんが気軽な感じでアートメイクと向きあう時代なのです。

≪参照HP≫美容皮膚科シロノクリニック-アートメイク施術流れ

Comments have been closed/disabled for this content.